TOP › 肌への思い

ダイヤモンドスキンジェルパック開発者:兼本のり子が語る「肌への思い」

4年半の肌 あれをきっかけに独学で皮膚のしくみを学ぶうちに美肌に必要なのは「水分と油分のバランス」と知り、 10年以上前に出会った2つのアイテム「琉球粘土」と「炭酸ガスパック」の組み合わせを思いつきました。

シンプルな処方と技術そして絶妙な配合バランスが
今回のダイヤモンドスキンジェルパックの吸着と吸収を実現させたと思います。
年齢や肌質、季節を問わず使えるのも魅力のひとつです。
クリアノワールの想いと日本で唯一炭酸ガスパックの技術と実績を持つ研究チームによって2年の研究期間を経てやっと出来た自信の商品です。

私自信10年前の肌より、今のほうが何十倍も「素肌美」に自信があります。


私は20代前半、ストレス性の肌荒れに5年近く悩み
、そして沢山のことを学ばせてもらいました。

自分がエステの仕事をしていたことすら忘れるくらい短期間で荒れだし
自分の手には追えず皮膚科へ。
結果は「原因不明・・・飲み薬と塗り薬出しておくから・・。」と言われたので
「原因がわからないのであれば薬はいりません。」と断った。
その後、美容クリニックでのビタミンC導入やケミカルピーリングでの肌ケアを勧められ月2回、半年近く通ったが全く変化がなかった。
肌が荒れていることを自分自身とても気にしていて少しでも早く治したくて通っているばずなのに施術する方の知識のなさに毎回苛立ちを感じていた。
もうこれ以上は任せられないと思い、次に探したのはエステサロン。
でも施術後に言われた一言が
「この商品使わないとあなたの肌40代見られたものじゃないわ。」
と言われ悔しさで商品を購入していた。車に戻り涙が出た。

帰宅後使ってみるも自分の求めるものではなかった。
次に知人に薦められた化粧品・・・通販・・・・美容機器・・・
少しでも脈がありそうなモノは購入し試してみた。
でも結果は皆同じ変わらなかった。。。
自分の肌荒れの原因がストレスだと判ったのはそれから数ヵ月後。
皮膚科の先生が書いている本を読んだりネットで調べていくと自分の肌と似た二キビ肌の写真を発見。そこには、原因:ストレス 治す方法:ストレスをなくすこと。これには自分自身ビックリでした。その文字を読んだ瞬間何にストレスを感じているのか真剣に考え無意識の内に紙に書き出したことを今でも覚えています。
その後、肌荒れで心も肌も荒れている私を見て母が一冊の本を探してきてくれました。


ここからが私の独学皮膚再生実験の始まりです^^

肌のお手入れ方法だけではく、今までの自分の生活環境・習慣・食事・運動・睡眠などのスケジュールを管理、そして気持ち・考え方の転換方法を模索。 そんなアンテナを張っているとアイディア・出会い・チャンスなど求めていたものに多く出会うことが出来ました。 それらのお陰で今のKANEMOTO式シンプルスキンケア法の基礎が誕生したと言っても過言ではないです。

素肌美に大切なこと・・・・・それは、排泄機能のである肌に必要な水分・油分のバランスが整っていることそして、常在菌の住みやすい肌環境を造ることで自身の持つ肌力を高め健康で美しい肌が造れるということ。もちろんメンタルケアも大事ですよ。 肌荒れ時にスキンケアの足し算・引き算を試してみた結果、私の提案するスキンケア方法として化粧品は本当に必要なものだけを肌に届け5年先・10年先の素肌美のために肌本来の力を育み、引き出すことを得意とする引き算型スキンケアだとわかった。


ワタシのスキンケアの基本はリンパマッサージと炭酸ガスパック。

肌質に合わせて化粧品を選ぶのではなく、肌質に合わせてお手入れの方法を替える。これがKANEMOTO式。 今ではリンパマッサージの方法も多く紹介されていますが、難しかったり覚える事が多かったりで続かない。続かなければ意味がないのでKANEMOTO式では最低限のポイントと圧加減そして、継続することで誰でも自分で自宅で簡単に結果を実感していただける内容にしました。 同じく炭酸ガスパックもお値段に始まり内容成分の違うものまで沢山出てきました。商品選びの基本は自分の肌が良いと実感できその商品を使うと感動があるとより良いと思います。でも人様の評価も気になるのが人間の心理。 私も自社のダイヤモンドスキンジェルパックを発売するにあたり開発者の先生の元へ自分自身の肌はもちろんのこと、頭で皮膚再生の図が理解が出来、納得するまで足を運び質問も多くしてきました。 100%ではありませんが、今はどんな肌質のお客様が来店されてもKANEMOTO式に沿ってアドバイスができることが私の自信です。

荒れているお肌もキレイなお肌も自分自身。それを受け入れて自分を大事にすることができるかそして最後まで諦めないコト!凹んだ時にはお客様の背中を押し元気な心とモチベーションを上げてくれるエステティシャンを探していたあの頃の自分がいたからこそ、そんなエステティシャンになりたいです。 まだまだ学びの途中ですが、私もひとつ一つ年齢を重ねるコトで自分の肌で起こっている肌変化を解決・肌年齢の維持をクリアしていくことが、これからの私の課題です。


「ここなら安心して肌を預けられる!」と言われるエステサロンでありたい

肌が荒れて心もギスギスしている時、私は自分が大嫌いでした。何気なく本屋で見かけた本の題名に『自分を好きになれない人は他人からも愛されない。』という言葉に衝撃を受けました。その通りだと。 女性がきれいになること、それは自分に自信が持てる、自分に自信を持てるとあらゆることにチャレンジしてみようと気持ちが弾む。自己成長や新たな出会いも多くなりとても沢山の良いことが待っていると思います。 自分を大事にし、自分に興味を持ち、自分を好きになることを楽しみたいと共感していただける女性の方に利用していただけるそして、「ここなら安心して肌を預けられる!」と言われるエステサロンになれるよう日々努めたいと想います。